物事をあるがままに見る

LINEで送る

17cb07b481b0108130d1838d32aef06a_s

価値観が作る色眼鏡

自分の価値観は、自分の知覚に影響を与えます。

自分でも気がつかないうちに、五感で捉えた情報に自分の価値観を反映してものごとを見るものです。

 

「この服は高いか、安いか」

「この食事はおいしいか、まずいか」

「この場所はおちつけるか、ストレスがたまるか」

 

人によって、そして時によってこれらは変化していきます。

アメリカの教育学博士であるウォボルディング氏はこういいます。

すべてのカウンセリングの底にある基本的な原則のひとつは、クライアントに裁くような気持ちを持たないで接することである。

~リアリティ・セラピーの理論と実践~

 

人を裁かないで、あるがままに人を、世界を見つめることの大切さを教えてくれています。

 

さまざまな情報を、あるがままに見つめることができていますか。

ものごとを多面的に捉え、本質な解決に導くことができていますか。

 

それはビジネスでも家庭でも生きていくうえでは大切なことでしょう。

 


「平和の茶」facebookページにぜひ、「いいね!」をしてください。
facebookで豊かで丁寧な生活のための情報をお届けします。

LINEで送る