強みを活かすことと幸せの関係

b6451b4d24c1a1d15a29c96664d5fa87_s

あなたは仕事で自分の強みを活かせていますか?

人が自分の強みを活かすことは、「幸福感」と深い関係があります。

世論調査会社ギャラップ社が調査した幸福に関するさまざまな調査結果をまとめた書籍「 幸福の習慣」には、こんな研究結果が載っています。

『自分の強みを活かして仕事をしている人は、弱みに意識を向けて仕事をしている人に比べて、仕事に熱意を感じて楽しんでいる割合は6倍、人生を心から楽しんでいる割合は3倍。』

『マネジャーが「部下の強みに意識を向けている」人である場合、そのチームで職場に不満を持つ人の割合は全体の1%まで下がります。』
自分の強みから幸福感を得るためには2つのことが必要です。
1.強みを活かした行動をとること
2.自分の強みを活かせたことを実感すること

自分の強みを活かせたと実感できると、自分自身に対する価値観が上がりますよね。

そして、もうひとつ大事なのが他の人の強みを認めてあげること。
他人から自分の強みを認めてもらえるとやっぱりうれしいものです。

自分の強みを活かすということだけでなく、大切な人の強みに意識を向けることは、ともに幸せな関係を作っていく上ではとても大切なことですね。