整理整頓の基本、元の位置に戻す

部屋の模様替えや大掃除で、頑張って片付けてすっきりした部屋っていいですよね。

4adec9fe4225d26fb9c8fe5c170c1f20_s

でも、せっかくすっきりした部屋も、しばらくたつと徐々に乱雑になってきてしまう。
そんな方にぜひ心がけてほしいのが、「出したものは元の位置へ戻す」習慣。

当たり前のように聞こえますが、これはとても大事です。

茶道では、水屋で道具を置く位置が常に決まっています。

使い終わった道具は必ず元の位置に戻します。
そのメリットは大きく3つあります。

 

1.ものを探す必要がない
常に一定の位置におくことで、ものを探す手間がなくなります。

2.ものを清潔に保てる
茶道の水屋では、水に濡れてもよいものを下、水に濡れるとまずいものを上におきます。
こうしておくことで、棚を清潔に保てます。

3.ほかの人も迷わない
一定の場所においているので、ほかの人も同じものを使いたいときにすぐにおいている場所がわかります。

 

「元の位置に戻す」。整理整頓の秘訣ですね。