着物の衣替え、袷(あわせ)と単衣(ひとえ)

bf0b3e0c2b5574de61df7765877de44e_s

6月と9月は衣替えの時期。

この時期は単衣の着物を着るようになります。

 

着物を着る季節で分けると、代表的なものには「袷(あわせ)」と「単衣(ひとえ)」があります。

 

袷は、裏地をつけた着物で、その名のとおり、布地を合わせて仕立ててあります。

単衣は、裏地のない着物です。

 

10月から5月の寒い時期、涼しい時期は袷を着ます。

袷では少し暑いような6月や9月ごろは単衣。

夏真っ只中になると、絽(ろ)紗(しゃ)と呼ばれる、より風通しのよい布地の着物もあります。

 

昔から日本の文化として根付いている「衣替え」。

昔とは気候が変わってきていますが、季節によって着るものを変えることは楽しいものですね。